スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動明王立像

_IGP9855r.jpg
木造、彩色・截金、玉眼
平安時代・12世紀

檜材の寄木造で、玉眼を嵌める面部は造り直されたもの。
持物は失われているが衣に彩色・截金を遺す。
平安時代後期に定型化した不動十九観様(不動明王の姿を
あらわす際の19の約束事)の典型的な作例。





スポンサーサイト

重要文化財 地蔵菩薩立像

_IGP9299rs.jpg
重要文化財
木造
彩色・截金
平安時代・12世紀

正面から拝すれば大きな耳と豊かな頬が目立ち、頭部全体からはふくよかな印象を受ける。
が、切れ込みの深い目尻、高い鼻梁の下にくちびるは品良く結ばれており、お顔立ちは端整でキリリと引き締まっている。
視点をずらして斜めから見ると、頬や耳の印象は薄れ、かえって際立ってきたお顔立ちは微笑んで見える。
うっとりと眺め入ってしまう面差し。
この角度が良い。
これほど美しいお地蔵様を、まだ知らない。
衣には制作当初の彩色や截金文様が残り、平安時代の雅趣を今に伝える。





十一面観音菩薩立像

IMGP5811re.jpg
木心乾漆造
奈良時代・8世紀

木彫を主体とし、木屎漆を用いて顔や腕を整えている。
細かな衣文に特色があり、また菩薩像としては珍しく条帛を着けていない。
頭上面の大部分は製作当初のもので大変貴重。
腰高でプロポーションが良く、いくら眺めていても飽きない観音様。





如来立像

DSC03023rs.jpg
パキスタン・ペシャワール周辺
片岩
クシャーン朝・2-3世紀

ギリシャ彫刻の影響を受けたガンダーラ仏。
オットコ前やなぁしかし。





重要文化財 不動明王立像

DSC00107r.jpg
重文
木造、彩色
平安時代・11世紀

見開いた右目に眇めた左目。
互い違いに剥き出した牙は、それぞれに唇を噛み締める。
怒りを以って衆生を教化する明王。
その瞋恚を、この表現で伝える、その想像力。





カテゴリ
プロフィール

イロハイロ

Author:イロハイロ
古美術・古民家・寺社建築・・・
古いものは佳いですね。
もっともらしく書いてますが
不勉強にも程があるので
内容に間違いがあるかも知れません。悪しからず。

最新記事
..
当ブログ上の掲載画像・文章の無断転載・複写・複製及び商用利用はお断りします。ご注意ください。
.
月別アーカイブ
02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  02  01  11  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  06  04  02  01  12  11  10  09  08  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ユーザータグ

江戸時代 重文  神社 鎌倉時代 平安時代 室町時代  法隆寺 国宝 明治時代 奈良時代 飛鳥時代 安土桃山時代 重要文化財 大正時代 史跡 世界遺産 ルーベンス 狩野派 楽焼 京焼 重要美術品 寄木造 茶碗 人間国宝 秘仏 都指定有形文化財 名勝 狩野探幽 江戸東京たてもの園 広田松繁 鎌倉観音霊場 昭和時代 円爾 目貫 縄文時代 屏風 能面 重森三玲 天然記念物 青銅器時代 印籠 鎌倉十井 伊東忠太 南北朝時代 桃山時代 日本百景 琳派 日本三大奇勝 アンコール時代 土佐派 北条時頼 大休正念 鎌倉地蔵尊霊場 クメール朝時代 長谷川派 萩焼 クシャーン朝 国指定史跡 美濃 松永安左エ門 平櫛田中 土偶 信楽焼 東寺 黄瀬戸 曽我二直庵 無形文化遺産 帝室技芸員 万古焼 鍋島 京都八釈迦 本阿弥光悦 蘭渓道隆 友成 太刀 クシャーン朝時代 安東焼 猿投 向付 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール 瀬戸焼 東福寺 大業物 東大寺 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。