スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治神宮

IMGP5487.jpg
    神寂びる 巨木の杜




IMGP5493.jpg
    焦げ茶色のどっしり構えた楼門




IMGP5504.jpg
    楼門の見上げ 二軒繁垂木
    木口のリズミカルな白塗りが 重たげな外観を軽やかにする




IMGP5496.jpg
    裾の広がった蟇股を見上げながら 潜り抜ける




IMGP5512.jpg
    注連縄は 夫婦楠という二本の御神木を繋いでいる




IMGP5526.jpg
    拝殿 柱・垂木・支輪の並びが美しい




IMGP5539.jpg
    本殿 明治天皇と昭憲皇太后を祀る




IMGP5568.jpg
    あちらこちらに菊紋が舞っている
    生木の樹皮の色をした鳥居や社殿は 木の葉の鮮やかな緑と美事に調和して
    それ自体が聳え立つ巨樹のようでした


社格 官幣大社
創建 大正9年(1920)
主祭神 明治天皇・昭憲皇太后

境内となった土地は、元は彦根藩井伊家の下屋敷があった場所。
維新後に井伊家から政府に献上され、皇室の御料地となったが、元々は森がない荒蕪地であったそうな。
社殿は伊東忠太・佐野利器らの共同設計。
戦時の空襲による被害が大きく、現在の社殿の多くは昭和33年(1958)に再建されたもの。
社殿を造営するに当たり、それを囲む杜を植樹するために各地より365種の樹木を集めた。
造林には当時の一流の学者達が設計に当たった。
肥料や間伐などの人手を加えず、放置する事で100年後に自然林化されることを計画の旨とした。
豊かな植相を示す人工林として注目されている。
なお、正式な表記は「宮」の「呂」の中間の線が入らない『明治神宫』。





関連記事

Trackback

Trackback URL
http://kamisavil.blog40.fc2.com/tb.php/122-2d19d27b

Comment

Comment Form
公開設定

カテゴリ
プロフィール

イロハイロ

Author:イロハイロ
古美術・古民家・寺社建築・・・
古いものは佳いですね。
もっともらしく書いてますが
不勉強にも程があるので
内容に間違いがあるかも知れません。悪しからず。

最新記事
..
当ブログ上の掲載画像・文章の無断転載・複写・複製及び商用利用はお断りします。ご注意ください。
.
月別アーカイブ
02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  02  01  11  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  06  04  02  01  12  11  10  09  08  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ユーザータグ

江戸時代 重文  神社 鎌倉時代 平安時代 室町時代  法隆寺 国宝 明治時代 奈良時代 飛鳥時代 安土桃山時代 重要文化財 大正時代 史跡 世界遺産 ルーベンス 狩野派 楽焼 京焼 重要美術品 寄木造 茶碗 人間国宝 秘仏 都指定有形文化財 名勝 狩野探幽 江戸東京たてもの園 広田松繁 鎌倉観音霊場 昭和時代 円爾 目貫 縄文時代 屏風 能面 重森三玲 天然記念物 青銅器時代 印籠 鎌倉十井 伊東忠太 南北朝時代 桃山時代 日本百景 琳派 日本三大奇勝 アンコール時代 土佐派 北条時頼 大休正念 鎌倉地蔵尊霊場 クメール朝時代 長谷川派 萩焼 クシャーン朝 国指定史跡 美濃 松永安左エ門 平櫛田中 土偶 信楽焼 東寺 黄瀬戸 曽我二直庵 無形文化遺産 帝室技芸員 万古焼 鍋島 京都八釈迦 本阿弥光悦 蘭渓道隆 友成 太刀 クシャーン朝時代 安東焼 猿投 向付 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール 瀬戸焼 東福寺 大業物 東大寺 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。