スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大徳寺 龍源院 2/2

IMGP8086re.jpg
    霊山一枝之軒



IMGP8061.jpg
    方丈西側には檜皮葺の美しい開祖堂 東渓宗牧の塔所である




IMGP8056re.jpg
    西側廊下を行った先に見えてくるのは




IMGP8094re.jpg
    方丈前庭「一枝坦」 蓬莱山を背景に 鶴島と亀島が白砂に浮かぶ




IMGP8092.jpg
    涼しげな木下陰 苔を渡る緑風の中 庭に対峙する




IMGP8078re.jpg
    庭を観る者を 庭もまた等しく観返す




IMGP8073re.jpg
    迷いを抱えて振り返れば そこに優しげな御仏の姿




IMGP8077.jpg
    画中の龍は 白砂に躍り出る機会を窺う




IMGP8072re.jpg
    龍宝山大徳龍源院 室中に龍を秘匿するその懐は深い

創建 文亀2年(1502)
開山 東渓宗牧
開基 畠山義元・大友義長・大内義興

方丈(重文)は一重入母屋造、檜皮葺の建物で、室町時代の永正14年(1517)ころ建立。
室中の間襖絵は桃山時代から江戸時代の作とされる。
玄関(重文)と表門(重文)はともに檜皮葺で、方丈と同時代のもの。
木造釈迦如来坐像(重文)は、胎内に建長2年(1250)7月 行心造の墨書がある。京都八釈迦のひとつ。
その他の宝としては、伝長谷川等伯筆『猿猴図』、狩野探幽筆『達磨図』、鈴木松年筆『白蔵主と月にむら雲』図屏風。
書院には、豊臣秀吉と徳川家康の対局に用いられたと伝わる四方蒔絵碁盤・碁笥や、日本最古という種子島銃(天正11年銘)が飾られている。




関連記事

Trackback

Trackback URL
http://kamisavil.blog40.fc2.com/tb.php/129-f3d9b66e

Comment

Comment Form
公開設定

カテゴリ
プロフィール

イロハイロ

Author:イロハイロ
古美術・古民家・寺社建築・・・
古いものは佳いですね。
もっともらしく書いてますが
不勉強にも程があるので
内容に間違いがあるかも知れません。悪しからず。

最新記事
..
当ブログ上の掲載画像・文章の無断転載・複写・複製及び商用利用はお断りします。ご注意ください。
.
月別アーカイブ
02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  02  01  11  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  06  04  02  01  12  11  10  09  08  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ユーザータグ

江戸時代 重文  神社 鎌倉時代 平安時代 室町時代  法隆寺 国宝 明治時代 奈良時代 飛鳥時代 安土桃山時代 重要文化財 大正時代 史跡 世界遺産 ルーベンス 狩野派 楽焼 京焼 重要美術品 寄木造 茶碗 人間国宝 秘仏 都指定有形文化財 名勝 狩野探幽 江戸東京たてもの園 広田松繁 鎌倉観音霊場 昭和時代 円爾 目貫 縄文時代 屏風 能面 重森三玲 天然記念物 青銅器時代 印籠 鎌倉十井 伊東忠太 南北朝時代 桃山時代 日本百景 琳派 日本三大奇勝 アンコール時代 土佐派 北条時頼 大休正念 鎌倉地蔵尊霊場 クメール朝時代 長谷川派 萩焼 クシャーン朝 国指定史跡 美濃 松永安左エ門 平櫛田中 土偶 信楽焼 東寺 黄瀬戸 曽我二直庵 無形文化遺産 帝室技芸員 万古焼 鍋島 京都八釈迦 本阿弥光悦 蘭渓道隆 友成 太刀 クシャーン朝時代 安東焼 猿投 向付 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール 瀬戸焼 東福寺 大業物 東大寺 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。